fc2ブログ

山手動物病院のお知らせ・トピックス

JR大森駅から徒歩3分。犬・猫の動物病院です。 (東京都大田区)

2021年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

祝日変動にご注意!& この時期気を付けたい病気

まず最初に休診日に関する注意事項です
今年の祝日はオリンピック開催の関係で変動が多く
7月22日23日8月9日が祝日、休診となります。(7月19日、8月11日は通常診療です。)
こちらの祝日、発表が遅めだったのでお手持ちのカレンダーには記載がない可能性が高いです。近くご来院予定の方、お薬処方希望の方は十分にお気をつけ下さい。


さてさて、梅雨です。すごーく梅雨です。最近空梅雨も多かったので、こんなにしっかりと梅雨を感じられるのも久しぶりではないでしょうか。
暑いのも嫌ですが、ジメジメも程々にして頂きたいところです。

この時期に来院が多くなるのが仔猫ちゃん。春が過ぎたこの頃にはよちよち歩きの天使たちがたくさんいらっしゃいます。
…が、中には風邪をひいてしまっている子やお腹を壊している子も多いようです。
仔猫ちゃんは下痢・目ヤニなどでも重症化してしまうことがありますので、なにか症状に気が付いたら早めにご来院頂くことをお勧めいたします。

一方ワンちゃんでこの時期に気を付けたいのが熱中症。「まだ少し涼しいから…」と少し油断してしまうこの時期が実は一番危険だったりします。
ワンちゃんは人と違って毛で覆われているため、皮膚による体温調節はどうしても苦手なのです。汗をかけるのも肉球くらい…。
その代わりにパンティングといういわゆるハァハァした息遣いで熱を逃がすのですが…どう見ても効率的ではなさそうですし、何より苦しそうですよね。更に身体が地面に近いので反射熱を受けやすいというおまけつき。
自分で物言えない子たちなので、私たちが気づき注意してあげないといけないのです。
中でも危険な状況   
・暑い室内や車内(←特に注意!!)に置いていく
・炎天下のお散歩(肉球のやけどの原因にも!)     には特にご注意ください

危険が多い夏ではありますが、楽しみもまた多いのが夏。
愛猫、愛犬の体調に配慮しつつ快適なサマーライフを送りましょう
                                 

| お知らせ | 18:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |